誰でもみんな魔法使い!!

タスマニア オーストラリア

スポンサードリンク

Pocket

もしも魔法が使えたら

 

誰もが一度は憧れる「魔法使い」

もしも魔法が使えたら、どんなことをしようか。

そんなことを考えてワクワクドキドキしていた時もあったのではないでしょうか?

 

ホウキに乗って空を飛んだり、透明マントに隠れたり、

怪物に変身したり、誰かを都合よく眠らせたり、

瞬間移動をしたり、時間を巻き戻したり、、、

 

あー夢が膨らみます。

 

でも、

もしみんながみんな魔法使いになっちゃって、みんながみんがそんなことを始めたら、

きっとこの世はグッチャグチャのゴッチャゴチャ(笑)

 

空を見上げればホウキ乗りで大渋滞、透明マントでかくれんぼしたって見つけられないし、

相手の都合が悪くなるとすぐ眠らされて、相手の機嫌を損ねたら怪物に大変身。

みんなが時間をいじるから今が何時代かも分かったもんじゃない。

 

だから、実際は「みんながみんな魔法使い」にはならない方がいいのかもしれません。夢物語で終わるのであれば。

 

しかーし!!

実はぼくたちは普段から魔法を使っています。

意識しているしていないに関わらず、ぼくたちは魔法を使って人を操っているのです。

オーストラリア タスマニア

 

ぼくたちが使う魔法

 

ぼくたちが使っているはどんな魔法かというと、、、、

 

それは「人を操る魔法」です。

もっと言うと「人の心を動かす魔法」。

 

その正体は、、、そう「言葉」です。

 

日常生活の中で人から言われたこと、雑誌やネットで見たこと、テレビで聞いたこと、

それらの言葉に対して、良くも悪くもぼくたちの心は影響されてしまう。

 

「いつも優しくしてくれてありがとう」と言われれば嬉しくなって「これからも優しくあろう」と思うし、

素敵な笑顔で「〇〇くんて面白いね」と言われたら「この人を楽しませる人であろう」と思う。

「全品70%OFF!!」「期間限定半額セール」なんて文字を見ればグラッと心が揺れて

「◯◯を食べると冷え性が治る!!」と聞けば、「本当かしらでも試してみる価値はあるわねどれどれ」って

はい心動いた。

 

 

人に「この役立たず!!」「できそこないめ!!」「バカか!!」と言われたら

(シュ〜ン↓↓↓)そんなに言わなくても、、、落ち込むわぁって

はいまた心動いた。

 

 

てな具合に、ぼくたちは普段から周りから得る「言葉」で心をあっちへこっちへ動かしているわけなんですね。

そして、これが魔法だと言える理由があって、

「ぼくたちはその方に心を動かそうと思っているわけではないのに勝手に心が動いちゃう」

だからこそ魔法だと言えるわけです。

オーストラリア タスマニア

 

子どもたちも魔法にかかる

 

大人だって悪口言われたりバカにされたり大声で怒られたりしたらイヤな気分になるように、

子どもだって同じように言われたらイヤな気分になりますよね。

 

大人が「ありがとう」「いつも〇〇くん(さん)がいて助かるよ」と言われて嬉しいように、

子どもだって同じように言われたらイヤな気分にはなりませんよね。

 

だから、子どもたちの周りにいる大人がどんな「魔法」をかけるかで、その子どもたちがどんな「魔法使い」になるかが大きく変わってくるのだと思います。

 

「光の魔法使い」と「闇の魔法使い」

どちらになって欲しいか。

 

間違っても「名前を言ってはいけないあの人」なんて呼ばれないようにしたいですもんね。

 

ぼくたちが使う言葉には魔法のような力がある、人の心を動かす大きな力がある。

少しだけでもそう意識するだけで、言葉の使い方が変わるんじゃないでしょうか。

パロネラパーク

 

さいごに

 

今回の話で間違えてはいけないのは、

「イヤな気分」になるような言葉、言うなれば闇の言葉は全くゼロにするのではなく、

適度に知る必要があるということです。

 

なぜなら「良い気分」を知るには「イヤな気分」を知る必要があるからです。

落ち込むことがイヤな気分だと知っているから笑うことがいい気分だとわかります。

悲しいことがイヤな気分だと知っているから楽しいことがいい気分だとわかります。

 

大人にとっては当たり前のこのことのも、子どもにとっては最初は未知の世界です。

「イヤな気分をさせたら◯◯ちゃんがかわいそうだから」ってイヤな気分を味わえないままに大人になっていったら、大人になって初めて味わうイヤな気分に耐えられなくなってしまうかもしれません。

 

大切なのはバランスだと思います。「いい気分」と「イヤな気分」のバランス。

最低限、トータルの総量が「いい気分」が「イヤな気分」を越えていたら光の魔法使いになれるんでしょうかね。

もし「イヤな気分」の方が多かったら、、、

黒い煙に乗って現れる闇の魔法使いになってしまうのか、、、

 

まぁそれはわかりませんが、

ぼくたちが使う言葉には魔法のような力がある、人の心を動かす大きな力がある。

ということは確実だと思います。

 

うぃんがーでぃあむ•れびおーさ

 

映画観たくなってきました(笑)

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

 

 

Pocket

スポンサードリンク

タスマニア オーストラリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です